高濃度酸素発生器[O2リカバリー]


高濃度酸素発生器MINI OC-1T

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセサリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルチアングル

 


脳の酸素消費量

脳は体全体の酸素消費量の内、約25%もの酸素を
消費しています。
又、脳は筋肉などに比べ酸素を貯蔵できないため
酸素不足に敏感に 反応しすぐに酸欠状態を起こします。
1日に体全体で消費される 酸素の量は1日2000リットル、
ドラム缶 10本分といわれています。

空気中の酸素濃度

窒素78%、酸素21%、それにわずかな二酸化炭素と水蒸気、 アルゴン などでできています。

酸素濃度90%の酸素発生器と
酸素濃度30%の酸素発生器との比較

酸素濃度90%の酸素を供給したとしても、実際に吸入する
酸素濃度は90%とは なりません。周りの空気にかなり薄められて、酸素濃度は想像以上に 低くなります。
たとえば、酸素濃度90%の酸素を1分間に3リットル

供給する機械で鼻腔カニューラを使用して吸入したとしても気道に入ってくる酸素濃度は 30%程度 にしか

なりません。
同様に、酸素濃度30%の酸素を1分間に2リットルで

流した場合はおよそ22%の濃度になると考えられます。

大気中の酸素濃度が21%ですから、1%前後しか濃度が
上がらないこと になります。
つまり急激に失われた体内の酸素を短時間で取り戻す

ためには高濃度酸素が必要だということです。

 

各スポーツ時に於ける酸素の消費量

 スポーツ(男性)

最大酸素消費量
(1分間に付き体重1kgあたりの酸素量)

 歩行(3~6km/h)

 9~18cc

 トライアスロン

 70~94cc

 長距離走

 65~85cc

 自転車競走

 55~70cc

 フットボール

 45~64cc

 野球

 45~55cc

 テニス

 45~56cc




商品のお買い求めは簡単に決済で出来る<ショップピュアクリーン直販サイト>

医療機器ショップピュアクリーン「通販はこちら」
又はショップピュアクリーン「楽天店舗」へ
楽天市場 <<<クリック


又は、信頼のおける当社商品正規取扱店まで